【安全教育資料のPDF】建設業の飛来・落下災害防止に役立つサイトまとめ

7

本記事では、建設業で毎月4時間以上の実施を定められている『安全教育・訓練』のうち、墜落・転落災害の防止に関する資料を得られる役立ちサイトを紹介します。

ランメイシ

安全教育の資料作成に役立つサイトはたくさんあるけれど、どこか1つのサイトにまとまっていればなぁ…ってことで、当サイトでまとめたよ!

建設現場でのヒヤリハット事例

当サイトでは、建設現場の安全管理以外にも、施工管理や現場監督が抱える悩みに答えるコンテンツを用意しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年、同業他社への転職経験あり)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細/Twitter/お悩み相談所

【死を考えた状況からの転機】たった2年で年収100万円アップに成功した方法

この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年、同業他社への転職経験あり)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細/Twitter/お悩み相談所

【死を考えた状況からの転機】たった2年で年収100万円アップに成功した方法

目次

飛来と落下の違いは『物が飛んで(落ちて)くる方向の違い』

『飛来』と『落下』は言葉が似ていて、使い分けに悩むこともあるかもしれません。

まずは、飛来と落下の違いについて解説します。

物が横から飛んでくることを『飛来』と呼びます。

例えば、コンクリートの破砕作業中にコンクリート片が飛んできて目に入り、被災した。

こういう場合は飛来災害になります。

そして、物が下に落ちることを『落下』と呼びます。

例えば、足場の上でハンマーを落とし、下にいた作業員に当たって被災した。

こういう場合は落下災害になります。

『飛来』と『落下』の違い
  • 『飛来』:物が横方向から飛んでくること
  • 『落下』:物が上から落ちてくること
ランメイシ

飛来・落下災害を防ぐには、作業内容に応じた保護具の着用や、上下作業をしないことがポイントだね。

飛来災害の防止に関する安全教育資料作成【PDF・役立ちサイト】

落下災害の防止に関する安全教育資料作成【PDF・役立ちサイト】

大事なのは事故を未然に防ぐこと

安全教育資料をネット検索して調達するのって、同じサイトで調達し続けるなら手間もかからず楽ですが、工事の途中で前月と似たような資料になりがち。

安全教育に役立つ資料はネット上で日々、更新されていきます。

災害事例は、「こういった状況で事故が起きたんだ」と知ることができます。

「自分の現場では同じ事故を起こさないように、こんな対策をしよう」等、あらかじめ備えることができますね。

建設現場でのヒヤリハット事例

当サイトでは、建設現場の安全管理以外にも、施工管理や現場監督が抱える悩みに答えるコンテンツを用意しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次