プロフィール

63

ご訪問、誠にありがとうございます。

当サイト「ゲンプラ」では、

現場監督とプライベートを両立したい

と、思っているあなたに向けて運営しています。

現場監督(げんばかんとく)とプライベート

2つの単語から「ゲンプラ」と名付けました。

最初は、「若手現場監督仕事ガイド」というサイト名でした。

運営しているうち、新人や若手と言われる立場以外の現場監督にも力になることができれば。

僕が現場監督として建設会社に入社した時に、周囲から言われた言葉

「現場監督なんてやってたら、帰りは遅いし、休みも無い。趣味なんて何にもできないよ。」

最初は大げさだなって思っていたけど、気付いたら本当にそんな生活になっていました。

地方の建設会社で、現場監督として施工管理の仕事をこれまで16年。

今は現場監督もプライベートも両立ができるようになりました。

「役に立たなくて、仕事が無い窓際社員なんじゃないの?」

「そもそも、現場監督がサイト運営とか、やってる暇ある?本当に現場監督?」

同業のあなたなら、そう思うでしょう。

所有する資格は1級土木施工管理技士。

これまでに携わってきた主な仕事は、国土交通省発注の河川改修事業や道路整備事業といった、官庁土木工事です。

これまでに僕が携わった工事は、

国土交通省:20件(現場代理人または監理技術者として担当した工事の評定点:78~82点)

市の発注工事が1件(89点)

建設会社に入社してから、ほとんどの期間で国土交通省の発注工事に従事しています。

当サイトは、2021年6月5日に開設しました。

サイトコンセプトは、『現場監督とプライベートの両立』

現場監督という施工管理の仕事が嫌になり、辞めてしまう理由の1つとして、仕事量の多さゆえに長時間労働や、休みが無いといったことがあげられます。

僕自身、現場監督として建設工事に従事するうえで嬉しかったことや大変だったこと、様々な経験をしてきました。

ツラくてこの仕事を辞めようと思ったことも、数えきれないほどです。

恥ずかしい話ですが、新入社員の時にあまりの精神的な苦痛から、隠れて泣いていたこともあります。

当サイトは、施工管理の仕事で悩んでいる。

あるいはこれから現場監督の職業に就こうと考えている方に対し、あなたの力となれるサイトを目指しています。

建設業といえば3K(きつい・きたない・きけん)

のイメージがあって敬遠されがちな仕事に思われがちです。

現状、仕事量が多い割には人手が不足している状態が続いています。

若い人が入職することが少ないため、高齢化も深刻です。

建設業は生活していくうえで必要不可欠な3つの役割があります。

  • 安全:人の命を守る(災害復旧)
  • 安心:経済を支える(豊かな生活の確保)
  • 快適:暮らしを創る(インフラ整備)

42
建設業の3つの役割について、土木施工管理一筋15年のプロが解説 建設業は、僕たちの暮らしに欠かせない身近な産業です。 しかし、建設業界に携わっていない人からは見えにくい部分も存在します。 ...

建設業なくして、これらは成り立ちません。

近年は建設業の重要性が認知されるようになりました。

「3K」は「新3K」へと変化しているのをご存知でしょうか。

「新3K」とは、「給与・休暇・希望」の3つの頭文字をとったものです。

建設業全体でも働き方改革が進められ、「3K」は「新3K」へと変化しています。

建設業の働き方改革は国土交通省が主体となって、建設現場従事者のワーク・ライフ・バランス改善に尽力。

その結果、ICT(情報通信技術)を取り入れた建設現場の生産性向上、週休2日制度の導入など、より働きやすい職場環境づくりに業界全体で建設業が変化しています。

27
【2022年最新】施工管理という職業の良い所・悪い所を施工管理15年以上の現役現場監督が解説 建設業のうち、土木工事の『施工管理』を行う現場監督という職業の良い所・悪い所について。 就職・転職で建設業の現場監督が候補になっ...

僕自身、建設業の働き方改革は徐々に進んでいることを現場で実感はしています。

それでも、まだまだ苦労することが多い職業であることも理解したうえで、一個人の僕からも少しでも苦労を減らすことができれば…。

少しでも役に立つことができればと思い、当サイトを開設しました。

こんな人は是非参考にしてください。

  • 現場監督(施工管理)の仕事に関して悩みや不安がある
  • 現場監督(施工管理)の仕事に役立つ情報を知りたい
  • 現場監督(施工管理)の仕事に興味があってどんな仕事か知りたい

ひとつ断言できることがあります。

あなたは、絶対に僕よりも優秀です。

僕自身については下の方に詳しく経歴を書いていますが、僕は頭が悪くて計算も苦手。

理系が活躍しやすい現場監督としては致命的なくらいでした。

それでも現場監督になろうと決断した理由は、3つあります。

  • モノ造りの仕事が好きだったから
  • 人の生活の役に立つ仕事だから
  • 地図に残る仕事だから

実際に建設会社に入社して現場監督になってからは、理想と現実のギャップに、何度も挫折を経験しました。

責任の重さ、人間関係、書類作成仕事の多さ…。

現場監督はやめとけって、こういう理由で言われるんだろうな…と思ったこともあります。

でも、施工管理技士の資格を取って、現場を担当すれば、異業種の同年代ではありえないほど自分の決定権が多くて、色んな経験を積むことが出来て、結果的にキャリアアップにつながる。

それに工事が完成した時の『感動』と『達成感』は、いくつ現場を経験しても色あせることが無い!

現場監督という職業の『楽しさ』って、こういう所にあるんだと思います。

問題は、その『楽しさ』を実感する前に色んな問題にぶつかって、現場監督の仕事が嫌になってしまうことが非常に多いこと。

当サイトでは、僕の現場監督16年の経験でぶつかった問題と、どう対処したか書いています。

あなたが僕と同じ問題にぶつかったときに、役に立つことが出来れば幸いです。

サイト運営者の経歴

ランメイシ

僕の現場監督としての、詳しい経歴を紹介するね!

現場監督1年目:上司のパワハラに耐えられず逃げるように退職し、同業他社に転職する

工業高校卒業後、地元の建設会社に現場監督として入社。

1年目の途中で上司のパワハラに耐えられず、逃げるように退職。

(当時はパワハラという言葉は使われていなかったけど、今の言い方では完全にパワハラでした)

偏差値の低い高校から入社したこともあってか、入社直後から

「お前に現場監督は無理だよ」

「測量で計算ちゃんとできるんか?間違えたら〇〇すぞ」

「現場には7時までには着いとけよ」(朝礼は8時から)

社会人1年目でもあったので、ホンマにきついこと言われるな…社会人ってこんなもんなんかな…と思いながら、ただ耐えていました。

半年ほど上司のパワハラが続き、もう無理だと思い、会社に退職届を出して、その日以降会社には行きませんでした。

結局、親に頼って正式に退社の手続きを取りました。

もう建設業はやめとこう…と思っていました。

でも、特に現場監督の仕事が嫌だったわけではなく、会社いる特定の上司からのパワハラが我慢できなかっただけということもあって、別の建設会社に現場監督に転職。

半年で前の会社を辞めたことは、説明したら納得してくれたし、むしろ「それはひどいね」とか「そんな奴がいるのか」と言われたくらい。

同じ地方の中小企業の建設会社でも、1社目とは人間関係も環境も全然違って驚く。

2社目の建設会社では、国交省発注の工事現場に配属されていたけれど、施工管理技士の資格もまだ持っていないので手元的な立場でした。

ランメイシ

手元とはいえ、1年目から国交省の大規模工事に関われたのは良い経験になっているよ!

現場監督2~3年目:優秀な上司の下で施工管理の仕事のやり方を覚えていく

2~3年目も、実務経験年数の問題から、施工管技士の資格を受けることが出来ないので、応援職員的な立場で現場監督をやっていました。

ただ、引き続き国交省発注工事の受注金額が億を超える大規模現場で、現場代理人と監理技術者には社内でも1、2位を争うほどの優秀な上司が担当していました。

ランメイシ

16年以上経験して確実に言えることは、施工管理の仕事は優秀な人の仕事のやり方をマネしたり参考にするのが最高に効率よく覚えられること!

そんな優秀な上司の下で仕事をしていたこともあって、施工管理の仕事はかなり知識を身に付けることが出来ました。

現場監督4年目:2級土木施工管理技士を取得、現場代理人デビュー

国家資格である2級土木施工管理技士の検定試験に合格し、いよいよ現場代理人として工事を担当する。

いきなり「頑張れよ所長!」と言われて戸惑う(笑)

この時点で22歳だったので、社内では一番下っ端なのに現場では所長です。

初めて現場代理人として担当する工事も国交省の工事だったので、工事の規模が大きいということは、それだけ関わる人も多い。

現場の施工管理なら、そこそこ出来ていたつもりだった。

現場代理人になって最初にぶつかった問題は、人間関係でした。

今まで上司がやっていた役所対応や、下請業者との打合せ、近隣住民への対応。

もともとコミュニケーションが苦手な僕には、思っていた以上に大変でした。

認識の違いによる資料の作り直しや、そもそも工事打合せ簿書類をどんな内容で作ればいいのか、わからない…。

日中は現場が忙しくて、現場が終わる17時を過ぎてから、やっと自分の仕事に取り掛かることが出来るという日が続く。

毎日、日付が変わってから帰宅するような生活になり、

「今までやってきたことは、現場監督の仕事の、ほんの一部だったんだな…」

「現場監督って、こんなにたくさんの仕事をこなさないといけないんだな…」

と改めて現場監督の大変さを身をもって体験することに。

結局、初めて現場代理人として担当した工事は、完成検査で出来栄えこそ良い評価を貰えたものの、書類に関しては共通仕様書で求める仕様を満たしていないところがあったりと指摘が多かった。

ランメイシ

完全に知識不足で、微妙な評価だっよ…毎日遅くまで残業していたけど、厳しい…

現場監督5~8年目:現場代理人としてキャリアを積み上げる

何件か工事を担当していると、仕事のコツがわかってくる。

途中、上司から言われた言葉

「工期の最初から最後まで全力疾走できる人間はいないから、力の抜きどころを見極めることが大切」

を意識して働くようになる。

現場監督9年目:過去最悪の現場&1級土木施工管理技士試験の実地試験に不合格

この年も国交省の工事に現場代理人として担当するも、最悪な年になる。

最悪なことの要因として、

  • 発注者と協力して地元住民に工事を理解を得ようとするも、大反対で着工できない
  • 時間をかけて作った工事説明書を配りに行くも、怒鳴られ、僕の顔めがけて資料と名刺を投げ返される
  • 構造物を造る地盤に問題があり、調査のため工事ストップ
  • 重機で電線を切断する事故を起こす
  • 1級土木施工管理技士検定試験を受け、学科試験は合格するが実地試験で不合格
  • ストレスで半鬱状態になり、1カ月休職する

ここまで連続するかってくらい悪いことが起きて、この現場が終わったら、この仕事辞めると決めていました。

事故もあって工事成績評定点はかなり低くなると思っていたけれど、問題点だらけの難工事だったということもあって、平均点を貰えました。

しかも、検査官や発注担当者には、

「本当に大変な工事だったね、お疲れさまでした。ありがとうございました」

「縁があれば、また次もよろしく頼みます」

と引き渡し後に言われ、「辞める」って思いが無くなっていました(笑)

ランメイシ

建設業の良い所の一つだけど、どれだけ大変な現場だったとしても、完成検査が終わったら、リセットできるんだよね。

現場監督10年目:1級土木施工管理技士を取得、建設業に関する本を読むようになる

2022年現在では、施工管理技士検定の制度変更によって学科試験・実地試験から一次検定・二次検定と変わっています。

学科試験・実地試験の頃は、実地試験に2年連続で不合格だと、次の年は学科試験からやり直しだったので、この年は実地試験の勉強を真剣にやりました。

無事、実地試験に合格することができ、1級土木施工管理技士と監理技術者の有資格者に。

僕が試験を受けた当時は存在していませんでしたが、今は二次検定(過去の検定制度でいう実地試験)の難問である作文をプロが添削、または代行して作成してくれるサービスもあります。

【経験記述問題の作文作成代行】ディーラーニング施工管理技士講座!特徴・口コミ・料金を徹底解説

この時に、土木施工管理技士検定試験の勉強をするため、参考書を買いに本屋さんに行って知ったのが、建設業の現場監督向けの本が結構あったこと。

こんな本がたくさんあることを、もっと早く知っていれば、苦労をもっと減らせたのかもしれません。

ただし、本の値段は高額な場合がほとんどで、1冊3,000円台とかも普通にあります。

今から本を買うなら、メルカリとかで買うのがおすすめです。

建設業の現場監督に役立つ本を安く買うならメルカリ【電子書籍より紙の本が良かった】

現場監督11年目~現在:監理技術者として工事を担当、家庭を持ってからは、より家族のために働き方の見直しを考えるようになる

10年以上も現場監督をやっていると、現場で問題が起きても、「こんなこと前にもあったな」ということも多く、これまでほど苦労することは少なくなりました。

建設業に全く同じ工事は無いので、16年以上経験した今でも初めて経験するトラブルは、もちろん有ります。

過去に似た工事をやったことがあれば、作る書類も過去工事のデータをベースに作れるから、RPGゲームの『強くてニューゲーム』みたいな感じで仕事が出来ます。

新たに大変なことができたことと言えば、生活環境の変化への対応でした。

今は子育ては父親も参加するのが当たり前の時代。

家庭を持ち、子供ができてからは、仕事と子育てをどうやって両立するかが課題でした。

結果として、よほど現場で急を要する仕事が無い限り、19時には帰宅しています。

子供が寝た後、仕事が残っていれば自宅でやるという方法が、家庭にも現場にも迷惑をかけずに済みます。

コロナ禍もあって、Microsoft TeamやZOOMなどで、どこからでも職場の人と繋がれますからね。

子育て家庭持ち現場監督のタイムスケジュールを紹介します

この頃に、現場監督をやっていて苦労すること、それにどう対処すれば良いのか。

ネットに答えが書いてあれば、僕みたいに大変な思いはしないで済むんだなと思い、このサイトを立ち上げて現在に至ります。

現場監督は突然、退職せざるを得ないことになる可能性もあるから、転職という選択肢は常に持っていよう

僕の場合、上司のパワハラが原因でわずか1年目で転職しました。

しかも、逃げるように退社したので、すぐに仕事を探さないとニートになってしまうかもしれない!

と、焦って自宅から近い建設会社に応募するという、とんでもな無計画な転職でした。

ちゃんと応募企業のことを調べずに転職してしまうと、転職先でもパワハラを受けるか、ブラック企業だったというリスクもあります。

転職ノウハウ本を30以上読んで、現場監督が転職で失敗せず、効率良く転職活動する方法もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【施工管理技術者】転職に関する本を30冊以上読んでわかった現場監督におすすめな転職活動の方法

今は転職するつもりは無いよって思っていたとしても、建設業界は重大事故のリスクがあります。

事故によって、現場監督の仕事を続けられなくなったり、責任を追及されて会社に居られなくなってしまうケースもあります。

事故って可能性を減らすことはできても、100%防げるとは限らないし予測ができません。

つまり、あなたがコントロールできない事故のせいで、突然転職をしないといけない状況になる可能性があるんです。

会社を急に辞めることになって、その時から転職活動を始めるのって、実はかなり遅いんです。

転職活動自体は基本的に3ヶ月程度ですが、転職で失敗しないためには、転職準備』が必要です。

転職準備としてやることは以下の2つです。

  1. 実績作り:出世のためより『転職を前提』にして働く
  2. 身だしなみ:生まれつきの容姿よりも圧倒的な『清潔感』

新卒時の就活では『学歴』が重要視されますが、転職では『実績』が重要視されるからです。

現場監督が転職の準備でやることは?これを意識したら周囲の反応に変化が!

実績って、1日・2日で得られるものじゃないですよね。

だから、転職で失敗しないためにも、実績作りは常に意識して働く必要があるんです。

現場監督にオススメな転職活動の方法をざっくり言うと、

  • 自分自身は出世よりも実績作りを意識して働く
  • 転職エージェントに無料会員登録して、定期的に自分の経歴をエージェントに伝えて良い案件の紹介を待つ

当サイトで、僕が実際に無料で利用してみて、現場監督みんなにオススメできる!と思った転職エージェントも紹介していますよ。

現場監督転職サイトランキング|失敗しない選び方【最新版】

無料で利用できるとはいえ、複数の転職エージェントに登録するのには理由があります。

それは、エージェントとの相性の良し悪しがあるからです。

転職エージェントは、あなたとエージェント、二人三脚で転職活動をやることになるので、相性が悪いと、転職活動が上手くいかないこともあるからです。

とりあえず2社ほど試してみたい場合、僕が現在メインで相談をしている『JACリクルートメント』と、施工管理の求人に特化した『セコカンNEXT』を利用してみるのが良いですよ。

今すぐに転職するつもりがなくて、転職の相談や情報収集するためだけに利用するのも、もちろん可能です。

求人は頻繁に更新されるので、エージェントに「こんな求人がきたら教えてほしい」と伝えておきましょう!

ここまでやっておけば、あなた自身は実績作りに集中して働くことができますよ!

最後に

ここまで読んでくれて、本当にありがとうございます。

現場監督は、地域の安心・安全・快適を担う建設業界で、施工の面で先頭に立つ素晴らしい職業である反面、苦労しやすい職業でもあります。

僕自身も16年以上の経験の中で、数えきれないほどの苦労を経験しました。

でも、感動や達成感もたくさん経験してきました。

当サイトに来てくれたあなたが、現場監督の悩みを解決する手助けとなれるよう、日々コンテンツを充実化させています。

直接の相談も受け付けていますので、いつでも待っています!

ランメイシ

いつでも連絡してくださいね!