現場監督の書類仕事

【25t吊ラフター】移動式クレーンの作業半径!性能表の見方と注意点【PDFダウンロード可能】

14

建設現場の様々なシーンで活躍する『25t吊ラフタークレーン』

作業半径を調べる時に参考にする『性能表』ですが、実は性能表に表記されている重量までは吊ることができません。

本記事では、ラフタークレーンが『実際に吊ることができる重量』について解説します。

ランメイシ

性能表の重量を鵜吞みにして、現場でクレーンオペさんに「吊れないよ!」なんてことが無いよう、本記事を参考にしてください。

クレーンの性能表と実際に吊ることができる吊荷の重量を比較表でチェック

本記事の性能表は以下の機種を参照します。

  • メーカー:TADANO(タダノ)
  • 機種:25t吊ラフテレーンクレーン(GR-250N(V))
  • 条件:アウトリガー6.6m(完全張出)

定格総荷重の数値 = 吊荷の重量 ではありません。

実際に吊ることができる重量を知るには、少し計算が必要です。

犬監督

そもそも、性能表の見方がよくわからないよ…

ランメイシ

現場でクレーン作業の計画を立てる現場監督にとっては、重量2tの吊荷は25tラフターで作業半径何mか?といったようなことが知りたいんだよね。

25t吊移動式クレーンの定格総荷重早見表

crane

crane1