掘削作業時の地山の種類・掘削高さ・法勾配の関係を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
digging-height-law-gradient
現場監督

地山の掘削をやるんだけど、掘削した後に法面が崩れないよう法勾配を決めておきたいんだ。レキ質土なら勾配がきつくない限り法面崩れは無さそうだけど、砂質土とかだったら法勾配を緩くしないといけないよね。土質によって法勾配って決まってたりするの?

こんな疑問に答えます。

地山の掘削作業を安全に施工するためには、計画・設計の段階で決定する法面の勾配が最も重要な事項になります。

地形・地質に応じて、掘削中及び法面整形後の崩壊が起きないよう、安全な勾配とする必要があります。

掘削箇所の安全な法面勾配を確保するため、厚生労働省(労働安全衛生規則)や発注機関(国・都道府県など)より、掘削箇所地山の種類・掘削高さごとに法勾配の基準が定められています。

本記事では、以下の内容について解説します。

  • 労働安全衛生規則で定められている、地山の種類ごとの『掘削高さ』と『法勾配』
  • 発注機関で定められている、地山の種類ごとの『掘削高さ』と『法勾配』
ランメイシ

官庁工事では発注機関が定めた基準に従うと良いよ。発注機関に定めが無いとか、民間工事だったら労働安全衛生法の基準に従えば、間違いないね。

この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細

この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細

\みんなのキャリアAWARD 2023 使って良かったサービス最優秀賞/

今は転職するつもりがなくても、あなたの仕事経験からどんな選択肢があるか無料で確認!

現場監督からコンサルなど発注者支援業務への転職事例あり!

収入UP率99.4%、平均1.2倍~1.5倍の年収UPの実績!

職務経歴書・履歴書の添削、RSGオリジナル面接対策

独自に調査分析した業界・企業情報を教えてくれる

以下の記事でRSG建設転職について詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

関連記事 【評判・口コミ】建設業界専門の転職サイト「RSG建設転職」はどんな人が利用するべき?

目次

厚生労働省・労働安全衛生規則(第356条及び第357条)

労働安全衛生規則(第356条及び第357条)で定める、地山の種類と掘削高さ・法勾配は以下の通りです。

地山の種類掘削面の高さ掘削面の勾配
岩盤又は軽い粘土からなる地山5m未満90°
岩盤又は軽い粘土からなる地山5m未満75°
その他の地山5m以上75°
その他の地山2m未満75°
その他の地山2~5m未満75°
砂からなる地山5m以上35°以下
発破等により崩壊しやすい状態の地山5m未満45°以下

労働安全衛生規則

(掘削面のこう配の基準)第356条
事業者は、手掘り(パワー・シヨベル、トラクター・シヨベル等の掘削機械を用いないで行なう掘削の方法をいう。以下次条において同じ。)により地山(崩壊又は岩石の落下の原因となるき裂がない岩盤からなる地山、砂からなる地山及び発破等により崩壊しやすい状態になつている地山を除く。以下この条において同じ。)の掘削の作業を行なうときは、掘削面(掘削面に奥行きが二メートル以上の水平な段があるときは、当該段により区切られるそれぞれの掘削面をいう。以下同じ。)のこう配を、次の表の上欄に掲げる地山の種類及び同表の中欄に掲げる掘削面の高さに応じ、それぞれ同表の下欄に掲げる値以下としなければならない。

2022-11-30_22h30_56

2 前項の場合において、掘削面に傾斜の異なる部分があるため、そのこう配が算定できないときは、当該掘削面について、同項の基準に従い、それよりも崩壊の危険が大きくないように当該各部分の傾斜を保持しなければならない。


第357条 

事業者は、手掘りにより砂からなる地山又は発破等により崩壊しやすい状態になつている地山の掘削の作業を行なうときは、次に定めるところによらなければならない。
一 砂からなる地山にあつては、掘削面のこう配を三十五度以下とし、又は掘削面の高さを五メートル未満とすること。
二 発破等により崩壊しやすい状態になつている地山にあつては、掘削面のこう配を四十五度以下とし、又は掘削面の高さを二メートル未満とすること。
2 前条第二項の規定は、前項の地山の掘削面に傾斜の異なる部分があるため、そのこう配が算定できない場合について、準用する。

(出典:E-GOV法令検索 – 労働安全衛生規則

設計要領(道路編)国土交通省北陸地方整備局

国土交通省北陸地方整備局で定める、地山の種類と掘削高さ・法勾配は以下の通りです。

設計要領(道路編)国土交通省北陸地方整備局

掘削(切土)のり面勾配は,地山の土質及び地質の種類,状態,高さに応じて表3.6を標準とする。ただし,特殊条件の箇所では,地質調査等を行って安定を確保し得るのり面勾配を決定する。

(出典:設計要領(道路編)国土交通省北陸地方整備局

数量算出要領と現場施工の法勾配が異なるときは注意

数量算出要領と現場施工の法勾配が異なるときは注意が必要です。

例えば、設計では地山の土質が『レキ質土』で、掘削高さが2mのため法勾配は『1:0.5』です。

それに対して、実際には現地の地山は『砂』だったから法勾配は『1:1.5』にする必要があり、土砂の掘削量も設計より増えてしまいました。

こんな場合、工事打合せ簿の協議事項として発注者と設計変更の対象にしてもらわないと、設計分の掘削土量しか清算してもらえません。

ランメイシ

発注機関によっては実施工数量に合わせて生産してくれるところもあるけれど、事前に確認が必要だよ。

ちなみに、国土交通省の数量算出要領は国土技術政策総合研究所で確認することができます。

国土技術政策総合研究所 – 土木工事数量算出要領・数量集計表

(出典:国土技術政策総合研究所 – 土木工事数量算出要領・数量集計表

各発注機関の掘削における法勾配の基準が掲載されている仕様書のリンク集

国土交通省 東北地方整備局(設計施工マニュアル)

国土交通省東北地方整備局 – 設計施工マニュアル

2022-11-30_23h26_14

(出典:国土交通省東北地方整備局- 設計施工マニュアル

国土交通省 中部地方整備局(道路設計要領)

国土交通省中部地方整備局 – 道路設計要領

2022-11-30_23h43_11

(出典:国土交通省中部地方整備局 – 道路設計要領

国土交通省 北陸地方整備局(設計要領道路編)

国土交通省北陸地方整備局 – 設計要領(道路編)

(出典:国土交通省北陸地方整備局 – 設計要領(道路編)

国土交通省 近畿地方整備局(設計便覧第2章土工)

国土交通省近畿地方整備局(設計便覧 第2章 土工)

(出典:国土交通省近畿地方整備局(設計便覧 第2章 土工)

国土交通省 中国地方整備局(土木工事設計マニュアル 第3編 道路編)

国土交通省 中国地方整備局(土木工事設計マニュアル 第3編 道路編)

2022-11-30_23h55_09

(出典:国土交通省 中国地方整備局(土木工事設計マニュアル 第3編 道路編)

国土交通省 四国地方整備局(設計便覧 道路編)

設計便覧(道路編)【平成30年7月版】ダウンロードページへ

現場監督でも残業を少なく!効率良くスキルアップしよう

この記事を作るに至った経緯はシンプルに、現場監督の労働時間を短くするためです。

「あれ?これって仕様書で決まってたっけ?」

「この部分って仕様書になんて書いてあったかな?」

ランメイシ

こんなちょっとしたことでも、調べ始めたら結構時間かかりますよね。

現場監督

ホント、地味~に面倒なんだよね。

ランメイシ

そうですよね!どこかにまとめサイトとか、あれば良いなって思っていたんです。

そこで、まとめた記事を作りました!

現場監督が仕事を効率化できる・できないでは、数年後に大きなスキルの差となります。

  • 掘削工に関する基準や仕様のまとめ記事で素早く確認する。
  • まとめ記事で確認すると時短でき、他の仕事をする時間ができる。
  • 他の仕事を経験することで、現場監督として施工管理のスキルが上達する。
  • 施工管理のスキルが上達すれば、発注者の満足度が上がる。
  • 発注者の満足度が上がれば、社内からの評価が上がる。
  • 社内の評価が上がれば、出世して給料が増える。

現場監督なら1つ1つの仕事を効率化していくと、最終的に給料アップにまでつながります!

でも、どれだけ頑張って公共工事で良い点数をとっても、全然給料上がらねー!って、思いますよね。

せっかく施工管理技士としてスキルアップしているのに、給料が伴わないのは納得いかないじゃないですか。

現場監督

でも、自分のスキルにいくらの価値があるか、わからないよ。

ランメイシ

転職サイトに登録すれば、簡単にわかりますよ。

建設業界専門の転職サイトがあって、施工管理だけではなく、設計CADオペレーター発注者支援などの職種の求人があります。

あなたの職歴やスキルで、「給料はいくらで」「どんな求人が」あるか知ることができます。

現場監督

でも、転職サイトならリクルートとか、大手の方が良いんじゃないの?

リクルートなど全業種を取り扱う転職サイトは、近いうちに転職すると決めている人向けです。

転職サイトの大手といえばリクナビNEXT・マイナビ・リクルートエージェント・dodaが有名ですが、全業種を取り扱う転職サイトは3カ月以内に転職を決めている人向けにサービスを展開しています。
なので、うつ病や自殺に追い込まれる状況を回避するために求人情報をストックしておきたい僕たち現場監督にはおすすめできない転職サイトです。

i-thought-about-quitting-the-site-supervisor-26
(出典:リクルートエージェント 転職支援サービス提供期間は3カ月

普通は転職する気がない人を相手にできませんからね。

ですが、

建設業界専門の転職サイトなら、求人情報をストックしておきたいという「今は転職を考えていない」状況から使えます。
このメリットを利用して、今の会社以外では自分がどんな企業に就いて収入源を確保できるか?を調べておきましょう!

たとえばRSGコンストラクションエージェントという建設業界専門の転職サイト。

i-thought-about-quitting-the-site-supervisor-27
(出典:RSGコンストラクションエージェント公式
ランメイシ

上の画像のように、求人の情報収集ができます。建設業界専門の転職サイトの良い所です。

現場監督

建設業界専門の転職サイトだと、評判が良いのはどこ?

みんなのキャリアAWARD 2023」という、実際のサービス利用者や転職経験者に「みんなのキャリア」に掲載しているサービスの中で使ってよかった・使ってみたいサービスの調査が行われました。

その結果をランキング形式で公開する年に1度の企画で、不動産・建築業界向け転職エージェントキャリアアップ部門から以下3つの転職サイトが選ばれました。

みんなのキャリアAWARD
みんなのキャリアAWARD2023 不動産・建築業界

RSGとセコカンNEXTは同じ建設業界専門の転職サイトですが、LHH転職エージェントも含めてそれぞれの違いをまとめました。

スクロールできます
転職サイト名特徴公開求人数給料
RSGみんなのキャリアAWARD2023最優秀賞
RSGオリジナルの「勝てる面接攻略法」を提供してくれる

収入アップ率99.4%
5,000件
以上
600万円~1,000万円以上
LHH転職エージェントみんなのキャリアAWARD2023優秀賞
海外事業に携わる大手ゼネコンへ転職も可能

3カ月に転職サポート終了
3,000件
以上
500万円~1,000万円以上
セコカンNEXTみんなのキャリアAWARD2023入賞
施工管理の他、施工図・設計、CADオペレーター、事務職の求人が建設業界専門で最大規模
自宅から通勤1時間半以内の現場で働ける
現場には派遣として配属される
30,000件
以上
平均月収60万円
(年収720万円)
最低月収40万円
みんなのキャリアAWARD 2023 不動産・建築業界向け転職エージェントキャリアアップ部門の比較表

みんなのキャリアAWARD 2023で評判の良かった3社のうち、LHH転職エージェントはランキング第2位ですが、建設業界専門ではく3カ月以内に転職すると決めている人向けなので、強くおすすめはしません

RSGとセコカンNEXTの2社を比べると、違いは以下の通りです。

RSGとセコカンNEXTを比較
  • 評判はRSGの方が良い(みんなのキャリアAWARD2023最優秀賞、セコカンNEXTは入賞)
  • 収入が多いのはセコカンNEXT(セコカンNEXTは最低月収40万円)
  • 求人が多いのはセコカンNEXT(セコカンNEXT30,000件以上、RSG5,000件以上)
  • RSGは募集のある建設会社に正社員として入社、セコカンNEXTは入社後ゼネコンの現場に派遣

まず求人をチェックしたいなら、公式サイトで「情報収集したい」を選んでどんな求人があるかチェックできるRSGがおすすめです。

セコカンNEXTは入社後、他社のゼネコンの現場に派遣として工事現場に配属されます。

派遣に興味があって収入は多く残業・休日出勤を抑えた働き方にしたい自宅から近いところで働きたいならセコカンNEXTがおすすめです。

「施工管理技士」は建設業界に必要な国家資格です。いつでもどこにでも求人があるので、あなたには良い条件で働く権利があります。

ランメイシ

僕は令和2年に転職サイトを使って転職。
年収は434万円から539万円になりました。
地方の中小企業、33歳の現場監督ですが、年収105万円アップできたんです。

i-thought-about-quitting-the-site-supervisor-13

求人をストックしていると、いつか「これだ!」って思うほど希望にピッタリな求人が送られてきます。

本当は複数の転職サイトを使って比べたほうが良いですが、まずは1つだけ登録して求人をチェックしてからにしましょう。

「この転職サイトの求人はこんな感じか~」と慣れてきたら、他の転職サイトも使って比べると良いですよ。

ランメイシ

納得のいく収入で、現場監督としてのあなたの活躍を、心から願っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次