現場監督の仕事

【現場監督は稼げる?】土木施工管理技術者の年収と臨時ボーナスについて

35

今回は、現場監督の収入についての話になります。

ネットで現場監督の年収について調べてみると、大まかに年代別での年収が出てきますよね。

もしあなたが建設業界で施工管理以外の職種の方で、次の項目に当てはまる場合は建設会社で現場監督になるという選択肢も候補に考えてみてください。

  • 仕事が多少忙しくてもいいから給料は高い方が良い
  • 工事成績が優秀など、成果に応じて報酬(給与)が増えるならやる気が出る
  • 年齢が若いうちに「管理」の仕事を経験してキャリアアップにつなげたい

総合建設会社(ゼネコン)の現場監督の平均年収

大手転職サイト『マイナビエージェント』によれば、総合建設会社で施工管理の仕事を行う現場監督の平均年収は415万円です。

20代・30代と年代別での平均年収は以下の通りです。

現場監督の年代別平均年収※

  • 20代:393万円
  • 30代:483万円

(※マイナビエージェント「業種別平均年収ランキング」より引用)

ランメイシ

上記の平均年収より低い場合、他社への転職を考えた方がいいでしょう。

同じ『総合建設会社(ゼネコン)』でも、給与面の待遇はかなり異なることもあります。

現場監督には年2回のボーナス以外に「臨時ボーナス」という、成果に応じて賞与を支給されるシステムが存在

僕が現場監督として従事する会社は、その地域において土木工事を行う、「地方の中小企業」の建設会社です。

僕が主に担当する工事は国土交通省が発注する河川や道路工事ですが、公共工事は「工事成績評定」という、学校などでいうテストの点数が工事の完成後に公表されます。

テストの点数って、悪い点数を取りたいなんて人は普通いないと思います。

これは工事現場でも同じで、やるからには良い点を取りたい!

優秀な工事成績を収めたい!

これは現場監督全員が思っているはずです。

では何故、優秀な工事成績評定を収めたいか。

理由は3つあって、次の通りです。

  • 工事成績評定が高いほど発注者の満足度が高かったということ
  • 社内でも評価が上がる
  • 次の工事受注にプラス評価となるため、臨時ボーナスが支給(されるかも)

テストで良い点を取れば、周りの人から認められたり、賞賛されたりしますよね。

これは工事成績評定点の結果も同じで、平均点以上を獲得することができれば会社からも労いがある(はず)し、個人としても信頼されるでしょう。

なぜ「臨時ボーナス」があるのか

なぜ臨時ボーナスというシステムがあるのかというと、僕自身は建設会社の経営者ではないので、

「こういう理由で優秀な工事成績を収めた従業員には臨時ボーナス支給しています」

とは言えた立場ではありませんが、僕が所属する建設会社と同様に、他社も工事成績に応じて臨時ボーナスの支給があることは確認しています。

現場監督の職業には何故「臨時ボーナス」があるのか。

僕なりの見解ですが、会社側のメリット含めて2つ理由があることから臨時ボーナスというシステムがあると考えています。

  • 従業員のやる気アップ
  • 工事成績評定点が次の工事受注に影響する

従業員のやる気アップ

年2回のボーナスとは別でボーナスがもらえたら、当然嬉しいですよね。

会社側としては、施工管理技術者の退職を防ぐ目的もあるでしょう。

実際、施工管理の仕事って忙しいときは睡眠時間を削らなければいけない状況もあります。

100年単位で現地に残る、地図に残る素晴らしい仕事とはいえ、長時間労働が嫌になって辞めていく現場監督は多いです。

工事成績評定点が次の工事受注に影響する

工事成績評定点は次の工事の受注にも影響します。

現在の公共工事は「総合評価落札方式」、単純に一番安く入札した建設会社が受注できるわけではありません。

工事の実績も入札時に影響するため、工事成績が優秀な企業ほど、受注に有利になるからです。

「臨時ボーナス」支給の条件

会社によって当然条件は異なりますが、国土交通省が発注する工事の場合は工事成績評定が80点以上だと支給される会社が多いです。

ただし、ここ数年この工事成績評定点の平均点そのものが上昇傾向なので、今後も80点以上で臨時ボーナス支給となるかは会社次第といったところ。

僕の会社では現在も80点以上で支給されています。

臨時ボーナスの金額

気になる臨時ボーナスの支給額ですが、僕の会社では30万円です。

他社の現場監督にも聞くと、金額は会社によって結構幅があり、なんと100万円も支給さるる会社もありました。

100万円となると、支給される年と支給されなかった年で年収が一気に変わってしまいますね。

まとめ

今回は、現場監督には年2回のボーナスとは別に、担当した工事の工事成績によって臨時ボーナスが支給されることについて解説しました。

現場監督という施工管理の仕事は、日中は現場で仕事をして、夕方から書類仕事を行うといったことが多くいため、労働時間が長くて大変という意見が多いのも事実です。

しかし、現場監督は大変なだけではありません。

工事が完成すれば他の職種にはない達成感を得ることができ、20代の若い年齢からも「管理」の仕事をメインに行うため、スキルを積み上げていくことができます。

施工管理の仕事について、より詳しく知りたい場合はこちらの記事も参考にしてみてください。

27
【2022年最新】施工管理という職業の良い所・悪い所を施工管理15年以上の現役現場監督が解説 建設業のうち、土木工事の『施工管理』を行う現場監督という職業の良い所・悪い所について。 就職・転職で建設業の現場監督が候補になっ...

当サイトでは、国土交通省が発注する工事を担当している現役の現場監督が20~30代の若い現場監督や経験年数の浅い現場監督向けに、施工管理の仕事をする中での悩みや、残業時間を減らすための工夫点について情報発信していますので、よければ他の記事も是非参考にしてみてください。