【バックホウで敷鉄板がズレた】建設工事現場でのヒヤリハット事例から見る安全対策【体験談/イラスト/PDF】

near-miss-accident-07

建設現場には『危険』がたくさん潜んでいます。

事故を起こしたくて起こす人はいませんし、事故を起こさないために安全管理を頑張っていますよね。

それでも、工事現場ごとに現場条件が違う建設工事では、『想定外の出来事だった』とか『こんなことが事故になるなんて』という状況が起きるのも事実。

本記事では、僕が現場監督をやっていて実際に体験した、ヒヤッとした経験やハッとした経験。

ヒヤリハット事例を紹介します。

ランメイシ

本記事のような体験があなた自身に、あなたの現場で起きないよう、ぜひ参考にしてね!

この記事を読むと、以下のことがわかります。

  • 建設現場でのヒヤリハット事例と対策
  • 重機が起因による、敷鉄板に接触事故の可能性
建設現場でのヒヤリハット事例
この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年、同業他社への転職経験あり)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細/Twitter/お悩み相談所

【死を考えた状況からの転機】たった2年で年収100万円アップに成功した方法

この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年、同業他社への転職経験あり)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細/Twitter/お悩み相談所

【死を考えた状況からの転機】たった2年で年収100万円アップに成功した方法

目次

バックホウが敷鉄板の上で移動した時に、敷鉄板がズレて足に当たりそうになった

クレーン仕様バックホウで、工事用道路設置のために鉄板を敷設していた時の出来事です。

事前に地盤を平坦に均しておいたおかげで、スムーズに5×20(ごにじゅう)の鉄板を敷く作業が進んでいました。

もう少しで鉄板を敷く作業が終わりというところ。

バックホウが移動しようと鉄板の上で動いた瞬間でした。

バックホウのキャタピラ(履帯)と一緒に、鉄板も滑るようにズレてきたんです。

鉄板が移動した方向に僕がいたのですが、あまり近寄りすぎていると、鉄板が足に当たる所でした…。

敷鉄板がズレて足に当たりそうになったことの原因

ヒヤリハットの原因
  1. 重機のキャタピラが、ズレやすい敷鉄板の端部で移動した
  2. 敷鉄板の固定をしていなかった

重機が移動した時に敷鉄板がズレることって、実際に現場で見たことはありませんか?

5×20(ごにじゅう)の敷鉄板の重量は1.6トンですが、重機なら簡単に動かしてしまいます。

敷鉄板を固定しなかったことも原因とはいえ、リース品の敷鉄板だと溶接は避けたいところ。

敷鉄板の固定金具も様々なメーカーからな用意されていますが、僕の経験では固定金具の取付が難しいということも。

新人監督

ところで、なんで鉄板を『ごにじゅう』って呼んでるの?

ランメイシ

鉄板の寸法によって、呼び方が変わるけど、『ごにじゅう』とは単位を『尺』で表した呼び方だよ。
1.524m×3.048mの鉄板を『ごっとー』
1.524m×6.096mの鉄板を『ごにじゅう』
と現場では呼んでるね。

1尺 = 303.030303mm

1.524m×3.048mの鉄板を『ごっとー』と呼ぶ(5尺×10尺)

1.524m×6.096mの鉄板を『ごにじゅう』と呼ぶ(5尺×20尺)

 

ランメイシ

長さの単位メートルが主流だけど、尺単位も一般的に使われているよ。僕は尺単位を普段使わないので、型枠大工さんが使う尺目盛のスケール(コンベックス)を見ると、頭が混乱する…。

尺目盛・ミリ目盛の両方が印字されているスケール

shaku
  • 上:尺目盛
  • 下:ミリ目盛

重機が起因で敷鉄板が人に接触しないための対策

対策としては、以下のような方法があげられます。

  • 重機の作業区域は立入禁止にする
  • 隣り合う敷鉄板は溶接して固定する
  • 固定金具により敷鉄板を固定する

対策としては、まず重機の作業区域・作業半径内を立入禁止にすること。

重機に近づかないことが1番ですね。

敷鉄板には溶接や金具により固定することも上げられますが、リース品なので溶接できない場合もあるでしょう。

現場監督

敷鉄板の上に砂利があると、車が通ったときにタイヤで砂利が飛ぶ「飛び石」があって危ないね。

ランメイシ

飛び石も目に当たれば失明の危険があるから、時間を決めて掃除する時間を確保しておきたいね!

同じ状況で事故になった事例

国交省ので現場でも、重機移動時に敷鉄板がズレたことが原因で、作業員が掘削した穴の中に転落するという事故が起きています。

重機移動時の敷鉄板のズレによる被災により、休業4日以上の負傷事故。

001349568

(出典:国土交通省:安全啓発リーフレット
現場監督

敷鉄板がズレて被災者に当たる→はずみで転落のコンボ…。

ランメイシ

被災した人は、こんな事目にあうなんて思ってもいなかっただろうね。生きてて良かった…。

他のヒヤリハット事例集

他にもヒヤリハット事例を掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

建設現場でのヒヤリハット事例

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次