現場監督の書類仕事

【ダンプ荷台から転落】建設現場でのヒヤリハット事例から事例から見る安全対策【体験談/イラスト/PDF】

near-miss-accident-03

建設現場には『危険』がたくさん潜んでいます。

事故を起こしたくて起こす人はいませんし、事故を起こさないために安全管理を頑張っていますよね。

それでも、工事現場ごとに現場条件が違う建設工事では、『想定外の出来事だった』とか『こんなことが事故になるなんて』という状況が起きるのも事実。

本記事では、僕が現場監督をやっていて実際に体験した、ヒヤッとした経験やハッとした経験。

ヒヤリハット事例を紹介します。

ランメイシ

本記事のような体験があなた自身に、あなたの現場で起きないよう、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んで分かること
  • 工事現場でのヒヤリハット事例と対策
  • 現場監督がダンプ荷台上で作業する際の注意点
この記事を書いた人

ゲンプラの管理人

ゼネコンで現場監督歴16年。転職経験あり。26歳のときに仕事が原因で半鬱になり休職。転職・復帰して現在は3児の子供を育てつつ、当サイトを運営中。

他のヒヤリハット事例
  1. 丁張材を運んでいる途中、段差に躓きそうになった
  2. 単管パイプの片付け中、周囲の人に当たりそうになった
  3. ダンプ荷台上で写真を撮ろうとして、転落しそうになった
  4. 梯子を登っている途中、ズレて転落しそうになった
  5. 敷鉄板の上を歩行中、滑って転びそうになった
  6. 玉掛フックが資材に引っかかり、荷崩れした
  7. バックホウが移動したときに、敷鉄板がズレた
  8. 積み重ねたバタ角の上に乗ったとき、転倒しそうになった
  9. 足場上で張り出した単管パイプで顔を打ちそうになった
  10. ブラケット足場の結束忘れにより、転落しそうになった

ダンプ荷台上で写真を撮ろうとして、転落しそうになった

near-miss-accident-03

土砂を10tダンプトラックで運搬する際に、過積載防止対策として荷台の上で写真を撮影していたときのことです。

カメラを構えながら、「もう少し下がって全体を写したい」と思って後ずさりしていました。

ダンプ荷台の一番後ろの部分まで来ていることに気付かず、危うく足を踏み外して10tダンプの荷台から転落する所でした。

原因

ヒヤリハットの原因
  1. 写真撮影の被写体に気を取られて、自分の作業足場を確認していなかった。
  2. 移動し終えてからカメラを構える(画面を確認)べきだった。

このヒヤリハットが起きた一番の原因は、後ろ向きに移動していたのに、後ろを確認していなかったことです。

対策

対策
  1. 後退するときは足元を確認する
  2. カメラの画面を見ている時は、その場から動かない
  3. 画角の広いカメラを使用する

対策としては、カメラを構えながら後退しない。

カメラの画面を見ている時は、その場から動かない。

予算に余裕があれば、カメラによって画角も変わるので、できるだけ広角に移せるカメラを使う。

といったことが上げられます。

現場監督だけでなく運転手も気をつけたい事例

現場監督がダンプの荷台に登ってやることは以下の通りです。

荷台上での作業
  1. 土砂等の積荷の荷姿確認、荷姿の写真撮影
  2. 荷台の寸法検測、写真撮影(ボディー検収)

この作業のときに、転落に気をつけなければいけないのですが、ダンプトラックの運転手も同じですね。

ダンプトラックの運転手が荷台上で掃除中だったり、掲示物を外そうとして、転落して骨折…。

数年に1度は耳にする事故です。

最悪の場合、死亡事故になりかねません。

工事現場での『これくらい大丈夫だろう』が、事故の引き金になることは多いです。

事故・怪我のリスクは、どんなに『小さなこと』でも現場から無くしていくべきですね。

犬監督

若い人は荷台からジャンプして直接地面に降りる人もいるよね。

ランメイシ

実は僕自身、20代の頃に10tダンプの荷台からジャンプして降りることもやっていました…。

今は膝が逝ってしまいそうなので絶対にやらないですね。

不安全な近道行為は、想定外の事態が起きると、とても危険!

たとえば…

  1. 荷台から飛び降りようとしたら、服が引っかかった
  2. 飛び降りた先に資材があった
  3. 飛び降りた瞬間、怒鳴られて驚き、体勢を崩した

『ちょっと危ないけれど、こっちの方がは早い』が原因で、失敗や事故につながることは多いです。

落ち着いていれば起きるはずのない事故も、他に考え事をしていたり、忙しくて慌てていたりと、いろんな要因が重なることで事故に繋がってしまうケースも。

現場で同じ状況になったとき、なっているのを見かけたときは注意して、安全な現場環境を維持していきたいですね。