【安全教育資料のPDF】建設業に関する交通災害・車両等事故防止のサイトまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
8

本記事では、建設業で毎月4時間以上の実施を定められている『安全教育・訓練』のうち、交通災害の防止に関する資料を得られる役立ちサイトを紹介します。

ランメイシ

安全教育の資料作成に役立つサイトはたくさんあるけれど、どこか1つのサイトにまとまっていればなぁ…ってことで、当サイトでまとめたよ!

建設現場でのヒヤリハット事例

この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細

この記事を書いた人
ranmeishi-kun-6

当サイト『ゲンプラ』の運営者:ランメイシ

現場監督と家庭(プライベート)の両立を応援するために、土木工事の施工管理をやっている現役の現場監督(歴16年)が当サイトを運営しています。施工管理業務の悩みに全力でサポートします!ご安全に!

保有資格:1級土木施工管理技士、河川点検士

主な工事経験:河川の築堤・護岸工事、道路工事、橋梁下部工事

プロフィール詳細

\みんなのキャリアAWARD 2023 使って良かったサービス最優秀賞/

今は転職するつもりがなくても、あなたの仕事経験からどんな選択肢があるか無料で確認!

現場監督からコンサルなど発注者支援業務への転職事例あり!

収入UP率99.4%、平均1.2倍~1.5倍の年収UPの実績!

職務経歴書・履歴書の添削、RSGオリジナル面接対策

独自に調査分析した業界・企業情報を教えてくれる

以下の記事でRSG建設転職について詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

関連記事 【評判・口コミ】建設業界専門の転職サイト「RSG建設転職」はどんな人が利用するべき?

目次

交通災害防止に関する安全教育資料作成【役立ちサイト】

大事なのは事故を未然に防ぐこと

安全教育資料をネット検索して調達するのって、同じサイトで調達し続けるなら手間もかからず楽ですが、工事の途中で前月と似たような資料になりがち。

安全教育に役立つ資料はネット上で日々、更新されていきます。

災害事例は、「こういった状況で事故が起きたんだ」と知ることができます。

「自分の現場では同じ事故を起こさないように、こんな対策をしよう」等、あらかじめ備えることができますね。

現場で事故が起きたら、本当に最悪です。

現場で事故が起きると…
  • 「事故速報」を発注者に20分以内など、直ちに提出する
  • 原因など、安全管理に問題が無かったか、追及される
  • ケガ人が出れば、現場で働く人以外に、ケガ人の家族も悲しむことになる
  • 事故報告書を作成し、発注者に提出する
    • 事故の内容や発生状況の写真や図を作成
    • 事故原因と再発防止対策を現場または社内で検討して作成
    • 施工計画書から、事故に関係する施工内容を添付
    • 事故に関係する業者の契約書、施工体制台帳の写しを添付
    • 事故当日の安全巡視日報の写しを添付
    • 事故発生日の危険予知(KY)活動日報の写しを添付
    • 事故発生日の作業日報の写しを添付
    • 事故に関係する作業手順書の写しを添付
    • 災害防止協議会の議事録写しを添付
    • 安全教育・訓練の実施内容写しを添付

日頃から安全管理を徹底して、現場も書類も不備が無ければ、事故のリスクは少なくできるでしょう。

【給料アップにつながる】安全教育資料の調達を雑用仕事とあなどってはいけない理由

この記事を作るに至った経緯はシンプルに、現場監督の労働時間を短くできるからです。

安全教育を毎月、半日(4時間)以上必ずやるってことは、資料を調達する仕事が必ずありますね。

工事内容にあわせるために、いろんなキーワードで検索していると意外に時間がかかります。

ランメイシ

4時間ぶんの資料は、それなりの量が要りますよね。
たった数枚の資料だと発注者に「ホントに4時間やったのか?」って思われます。

早くても1時間、ちょうど良い教育資料が見つからないと、2時間はかかるでしょう。

現場監督

ホント、地味~に面倒なんだよね。

ランメイシ

そうですよね!どこかに教育資料のまとめサイトとか、あれば良いなって思っていたんです。

そこで!安全教育の資料に使える記事のまとめを、自分で作りました!

現場監督が仕事を効率化できる・できないでは、数年後に大きなスキルの差となります。

  • 安全教育資料のまとめ記事で資料を調達する。
  • まとめ記事で調達すると時短でき、他の仕事をする時間ができる。
  • 他の仕事を経験することで、現場監督として施工管理のスキルが上達する。
  • 施工管理のスキルが上達すれば、発注者の満足度が上がる。
  • 発注者の満足度が上がれば、社内からの評価が上がる。
  • 社内の評価が上がれば、出世して給料が増える。

現場監督なら1つ1つの仕事を効率化していくと、最終的に給料アップにまでつながります!

ランメイシ

安全教育資料の調達は、雑用仕事みたいに思うかもしれませんが、あなどってはいけないです。

でも、あなたの先輩や上司よりも給料を多くもらえることはありません。

日本は年功序列なので、そもそも頑張っても成果に見合った給料がもらえないことが多いんです…。

現場監督

がんばってる分、給料として評価してほしいよね。

人材が足りない!ってよく聞きますが、現場監督は仕事の負担が減って給料がもっと増えれば良いんですよね。

ランメイシ

仕事の負担を減らすには、ぜひこのサイトを参考にしてください!

このサイトは、現場監督と家庭の両立をモットーに、施工管理の仕事に役立つ記事を制作しています。

このサイトで現場監督としてのスキルアップはできます!

ランメイシ

でも、あなたの給料を増やすことはできません…。

給料は社長が決めるからです。

同じ仕事の内容でも、給料は会社によって違います。

一番早く給料を上げる方法は、転職することです。

現場監督

もっと給料はほしいけど、転職する気は無いな。面倒だし。

ランメイシ

現場監督はみんな、今すぐに転職するつもりがなくても転職活動は始めたほうが良い!と僕は思っています。

例えば、生命保険ってあなたの身に万が一のことがあった時に、家族が生活するためにお金で困らないように加入しますよね。

仕事という「収入源」にも保険として、今の会社以外では自分がどんな企業に就いて収入源を確保できるか?

仕事での万が一の事態に備えておいた方が良いと思いませんか?

ランメイシ

僕は工事中の事故が原因でメンタルを病み、まともに働けなくなった結果、妻と離婚しそうになったこともあります。

関連記事 現場の事故がきっかけで最悪の人生に転落した現場監督の体験談

意外にも、現場監督は全年代のうち40代が一番、精神障害になっているデータもあります。

関連記事 【厚生労働省の調査結果】現場監督が精神障害・自殺に追い込まれる理由と対処法

つまり、うつ病になったり自殺するほど追い込まれる状況は、あなたにも起きるリスクがあるということです。

ランメイシ

実際に、僕は身をもって体験しましたから…。

メンタルを病んでしまうと、何もやる気力が湧きません。
一旦休むという選択すらできずに、うつ病になった結果、死を選んでしまうかもしれないんです。
そんなこと、絶対になりたくないですよね。

ランメイシ

このサイトにきてくれた僕と同じ現場監督のあなたには、そんな最悪な人生を回避してほしいんです!

うつ病になったり、自殺するほど追い込まれる状況を回避するために、転職サイトで求人情報をストックしておくのが有効です。
気になる求人情報をストックしておくだけでも転職という選択肢ができて、うつ病になったり、自殺に追い込まれるほどメンタルを病む前に転職という手が打てるようになります。
あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておきましょう!

現場監督が転職するなら、建設業界専門の転職サイトを使うのが良いですよ!

建設業界専門の転職サイトは施工管理だけではなく、設計CADオペレーター発注者支援などの職種も取り扱っているので、現場監督の経験を活かせる求人もチェックできます。

現場監督

でも、転職サイトならリクルートとか、大手の方が良いんじゃないの?

リクルートなど全業種を取り扱う転職サイトは、近いうちに転職すると決めている人向けです。

転職サイトの大手といえばリクナビNEXT・マイナビ・リクルートエージェント・dodaが有名ですが、全業種を取り扱う転職サイトは3カ月以内に転職を決めている人向けにサービスを展開しています。

i-thought-about-quitting-the-site-supervisor-26
(出典:リクルートエージェント 転職支援サービス提供期間は3カ月

ですが、

建設業界専門の転職サイトなら、求人情報をストックしておきたいという「今は転職を考えていない」状況から使えます。
このメリットを利用して、今の会社以外では自分がどんな企業に就いて収入源を確保できるか?を調べておきましょう!

たとえばRSG建設転職という建設業界専門の転職サイト。

i-thought-about-quitting-the-site-supervisor-27
(出典:RSG建設転職公式サイト
ランメイシ

上の画像のように、求人の情報収集ができます。建設業界専門の転職サイトの良い所です。

ちなみにRSG建設転職は「みんなのキャリアAWARD 2023」の不動産・建築業界部門で最優秀賞に選ばれた、評判の良い転職サイトと言えます。

みんなのキャリアアワードとは(クリックで詳細を見る)

「みんなのキャリアAWARD」は実際のサービス利用者や転職経験者に「みんなのキャリア」に掲載しているサービスの中で使ってよかった・使ってみたいサービスの調査を行い、その結果をランキング形式で公開する年に一度の企画です。

みんなのキャリアAWARD2023 不動産・建築業界
みんなのキャリアAWARD2023 不動産・建築業界
ランメイシ

現場監督なら「今は転職を考えていない」という状況でも、登録して求人情報をストックしておきたい転職サイトです。

「施工管理技士」は建設業界に必要な国家資格です。いつでもどこにでも求人があるので、あなたには良い条件で働く権利があります。

ぜひ求人をチェックしましょう。

ランメイシ

僕は令和2年に転職サイトを使って転職。
年収は434万円から539万円になりました。
地方の中小企業、33歳の現場監督ですが、年収105万円アップできたんです。

i-thought-about-quitting-the-site-supervisor-13

\みんなのキャリアAWARD 2023 使って良かったサービス最優秀賞/

今は転職するつもりがなくても、あなたの仕事経験からどんな選択肢があるか無料で確認!

現場監督から発注者支援業務への転職事例もあり!

収入UP率99.4%、平均1.2倍~1.5倍の年収UPの実績!

職務経歴書・履歴書の添削、RSGオリジナル面接対策

独自に調査分析した業界・企業情報を教えてくれる

以下の記事でRSG建設転職について詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

関連記事 【評判・口コミ】建設業界専門の転職サイト「RSG建設転職」はどんな人が利用するべき?


コメント

コメントする

CAPTCHA


目次